シャッツ フィンカ サングイフェラ 2009

シャッツ

27 本の在庫があります。

スペインのビオディナミ第一人者が作るクパージワイン
  • タイプ:ビオディナミ 赤ワイン
  • ヴィンテージ:2009
  • ワイナリー:ボデガス F. シャッツ
  • 産地:D.O. シエラス デ マラガ・セラニア デ ロンダ、スペイン
  • ブドウ品種:テンプラニーリョ・シラー・メルロー・カベルネソーヴィニヨン
  • アルコール:13.5%
  • 発酵・熟成:シュルリー熟成方式*で作られたワインです。低温で一次発酵をさせ、更に温度18-20度の低温でマロラクティック発酵をさせます。その後、15か月間フレンチオーク樽内で熟成。
  • 色:濃いチェリーレッド
  • 鼻:森・サントリナ(ハーブ)・ローズマリー・野イチゴ
  • 口:果実・カカオ・トースト・ミネラル
  • サーブ適温:18度

*シュルリー醸造法というのは、フランスのロワール地方等で白ワインを作る時に使われる手法です。発酵後のオリ引きをせずに、澱を残したまま、沈殿させ、その上側でワインを熟成させる手法です。赤ワインでは、非常に珍しい手法です。澱は、酵母の残存物ですが、酵母のたんぱく質がアミノ酸に変化しワインに溶け出し、ボディ感が出て、また、舌触りもクリーミーになり、酸味もしっかりとします。質の高い酵母を使う必要があり、大変管理が難しい醸造法ですが、下記の様なメリットがあります。:

  • 質の高い酵母を使う事により香りが良くなる(通常は、オリ引きをする理由は、死んだ酵母の嫌な臭いがワインに移るリスクがあるからです)。
  • 質の高い澱は、酸化を防ぐ働きがあります。
  • スムーズかつ、スマートな口当りのワインとなり、同時に、特別な土壌味もワインに与えます。
  • バランスが良い、タンニン感をワインに与えます。
  • 長期保存ができるワインになります。

非常に丹念に作られた、希少価値が高いワインです。




同じ作り手のワイン